結局、写真展の覚書用ブログと化していますm(__)m
by kaho_nomi_nomi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
須田塾一般コース第9期修了展「汗をかかぬ女」
須田塾修了展 「汗をかかぬ女」

2007年10月9日(火)~10月14日(日)、とっくに終わっているのですが、覚書として、、、、(笑)。5階で同時開催していた街歩きコースの修了展「フォトエキスプレス」の見ごたえがすごかったです。

ギャラリー・ルデコ 6F

出展(五十音順全22名)
磯部真理
伊藤泉
岩本雄三
小川怜子
KAHO
木村まい
黒木淳一郎
塩崎尚央
志野和代
杉田静泰
竹下真由子
田中寿郎
田中靖
西堀正雄
蛭田英紀
藤谷美貴雄
藤原敦
古田哲久
三浦幸太郎
三田洋造
山本圭二
渡部輝
[PR]
# by kaho_nomi_nomi | 2007-12-05 11:05 | お知らせ
グループ展「SELF-日々の闇/日々の光-」のお知らせ
f0018537_4444813.jpg

2006年11月6日(月)~11日(土)
11:00~19:00【最終日18:00】
Gallery R.Locus
東京都中央区日本橋2-1-17 丹生ビル 2階
TEL.03-5299-4164

【出展者】 荒多恵子、大西健太、KAHO、齋藤千晶、杉田静泰、待夜由衣子、田中寿郎、矢野隆

【連続写真展「SELF -日々の闇/日々の光-」によせて】
私たちが写真に残す「ナニモノか」は、どのような必然があるのか。おそらくそれは、内からの欲望に対する必然と言えるのだろう。自らの中で、日々生まれ、日々死んでゆくモノたちを映像にくい止める。積み重ねた写真との歴史は、自分史でもあるのだ。「想像力は状態ではなく、人間の存在そのものである」というW・ブレイクの言葉がある。闇と光が交差する日々、私たちは一瞬という存在のありかを写真に託し、自らの「生」を確かめようとしているのかもしれない。 須田一政(写真家・写真ワークショップ須田塾主宰)


********************************
またもやお知らせが遅くなりましたm(__)m。写真ワークショップ須田塾の参加者による、全3部にわたる連続グループ写真展「SELF -日々の闇/日々の光-」展の第3部、最終章です。月曜日の朝、搬入が終わったようです。なんだか会場の様子、素敵みたいですねぇ。今回も私、準備が全然出来ませんで参加者の方々に全面的にお世話になってしまいました。でも、今回は曜日と時間によっては私も会場に出向くことが出来そうなので、ものすごく嬉しいです。少なくとも最終日の土曜日は会場に居ることと思います。お近くにお越しの際には是非お立ち寄りくださいませ。
[PR]
# by kaho_nomi_nomi | 2006-11-07 04:44 | お知らせ
須田一政塾修了展「人の夢・犬の庭」開催のお知らせ
f0018537_23132521.jpg
2006年10月2日(月)~7日(土)
11:00~19:00【最終日18:00】
Gallery R.Locus
東京都中央区日本橋2-1-17 丹生ビル 2階
TEL.03-5299-4164

【出展者】 岩本 雄三、小川 怜子、KAHO、金田 直也、黒木 淳一郎、志野 和代、竹下 真由子、ナラ タカコ、ハガ*ユタカ、藤谷 美貴雄、古田 哲久、三田 洋造、渡部 輝(↑DMの写真は(c)ナラ タカコさん)

********************************
このたびは写真展の準備を自分ですることが出来なかったので、出展を辞退しようと思ったのですが、参加者の方の暖かい支援をいただきまして、無事に参加することができました。本当に嬉しかったです、ありがとうございました。今回は額装が多いので搬入にものすごく手間と時間がかかったと伝え聞きました。そんな様子を聞いていますと、自分でも見に行きたいってつくづく思ってしまいます(笑)。自分の作品の仕上がりもまだ自分で見ていない、という自分にとっては実にミステリアスな(爆)写真展ですが、お近くに行かれる際には、是非お立ち寄りくださいませ~。東京駅(八重洲口)、銀座線、東西線、浅草線の日本橋駅が最寄です。
[PR]
# by kaho_nomi_nomi | 2006-10-01 23:09 | お知らせ
大阪の東西交流展終了しました~
f0018537_20474523.jpg
見てくださった皆さん、行けなかったとおっしゃる皆さんも!本当に!ありがとうございました。会場のCASOはとても広くて、独特の空間で、作品も生き生きとして見え、びっくりしました。建物の周囲もシュールな雰囲気で、楽しめました。大阪の皆様、お世話になりました、ぜんぜんご挨拶にあがれなくて、本当、失礼しました。でも!本当に!本当に!ありがとうございました。

写真は、大阪の搬出を終えたのちに移動した琵琶湖湖畔での一風景です。琵琶湖を見たのは初めてでした。といっても、今回見た琵琶湖は、琵琶湖のほんのほんの一部。もっともっといろんな風景を見てみたいって思いました。今回見た街も、もっともっと歩き回りたかったです。
[PR]
# by kaho_nomi_nomi | 2006-06-07 20:51 | お知らせ
須田塾 東西交流展「千々の瞬き」のお知らせ
f0018537_1591433.jpg


海岸通ギャラリー・CASO →地図
2006年5月30日(火)~6月4日(日)
〒552-0022 大阪市港区海岸通二丁目7-23  
電話・FAX:06-6576-3633
11:00~19:00(最終日:17:00)


流れ去る瞬間を一個のきらめく結晶に変えてしまうシャッターの瞬き
 千々の瞬きから生まれたいくつもの結晶たちが、重なり、縺れ、連なって築きあげた人の心の形にも似た迷宮
 よみがえる記憶、共鳴する思い、響きあう色と形、そんな解釈のための地図を手がかりにこの迷宮の出口を探し求めるのもいいだろう
 裏切られる記憶、不可解な思い、きしみあう色と形、そんな錯綜する瞬きを追いかけてこの迷宮を彷徨い歩き続けるのもいいだろう

相澤弘三、相澤芳江、荒 多惠子、磯部真理、大坪 晶、大西健太、大橋一弘、荻野隆美、奥山未絵、加藤可奈、加原敏巳、KAHO、河本順子、黒木淳一郎、志野和代、嶋田源三、末松千明、菅 礼子、鈴木るみこ、待夜由衣子、田中かおり、田中(寿)、田中 靖、田野晋一、津村倫子、寺元博昭、鳥海茂雄、中西政人、西堀正雄、西本明生、ハガ*ユタカ、長谷川 瞳、林 誠治、蛭田英紀、福 菜穂子、藤谷美貴雄、古田哲久、ホイキシュウ、丸山たか子、三浦幸太郎、森 千夏、矢野 隆、渡部 輝 (五十音順・全43名)

■本写真展の解説■
 本写真展は、東京と大阪で活動を展開する写真ワークショップ須田塾の活動開始5周年を飾る大規模なグループ写真展です。
 ワークショップ主催者である写真家須田一政の方針は、「例会には撮影した写真を全て提出する」「作品がまとまったらすぐに発表する」というもの。須田塾は写真行為をただの自己満足で終わらせることなく積極的に外に向けて提示してゆくことで、個々の参加者が秘めている新たな写真行為の可能性を伸ばす活動を続けてきました。
 そんな須田塾の活発な活動の中からは、各方面からの評価を受ける表現者たちが何人も育ってきています。
 狭苦しい常識を打ち破るように炸裂する須田塾メンバーの個性の競演を、大阪の海岸通ギャラリー・CASOの巨大な壁面いっぱいに展開します。

********************************

今日、大阪の塾の皆さんがまる1日かけて搬入をなさったとのことです。ぐったりと疲れた、とのことでした。業者さんをお願いしての搬入なのに朝から晩までまるまる1日かかったのですから、どれほどの規模なのでしょうか。私の作品は、1月に東京で行われました合同修了展に出品したものと同じなのですが、展示場所によって作品というのは印象がぜんぜん違ってくるものだというのが最近遅まきながらもわかってきたので(笑)、CASOではどのような表情を見せてくれるのか楽しみにしています。

お近くに行かれました際には、是非お立ち寄りくださいね。
[PR]
# by kaho_nomi_nomi | 2006-05-30 02:03 | お知らせ
コラボ個展、終わりました~
f0018537_22512214.jpg
連休前から連休にかけて2週間の長丁場でしたが、無事に終わりました。想像以上に沢山の方々に来ていただけて、本当に嬉しかったです。手伝ってくださった方々、写真集を買ってくださった方々も!本当に!本当に!ありがとうございました。遠方、時間がなかった、忙しかった、予定が入っていた、などなど、いろいろで行けなかったという方々も、ありがとうございます。皆様に暖かく見守っていただいて、無事に開催できました。

感想ですか?今はまだ疲れが、たぁ~っぷりと残っていて、感想が沸いてこないのですが、1つだけ良くわかったことは、発表の場のあること、作ることの大切さでした。結果が良くても悪くても、何かをすればなんらかの結果が戻ってくるのですものね。それがとても大切なんですねぇ、、、、そういうことをしみじみと思ったのでした。

ほんとうに、皆様、ありがとうございました。
[PR]
# by kaho_nomi_nomi | 2006-05-08 20:17 | お知らせ
初めてのコラボ写真展のお知らせ
f0018537_23362042.jpg


ハガ*ユタカ KAHO コラボ写真展
「Torso×Flowers」


花と肉体、生きているもの(花)とそうでないもの(石)、肉体を持つものと
持たないもの、曖昧なものと、クリアーなもの、
様々な二項対立の絡み合いと反発、融合、そのはざまから生まれる「生と歓喜」。
ハガ*ユタカの彫刻の写真とKAHOの花の写真を組み合わせて
ひとつの作品としたシリーズです。それぞれ独立した作品として制作されたものですが、
組み合わせることで生まれる新しい表現を試みています。

2006年4月25日(火)~5月7日(日)
247photography Roonee 地図
東京都新宿区四谷4-11みすずずビル1F
12:00~19:00(最終日16:00)
TEL.03-3341-8118


********************************

昨日搬入を済ませてきました。なんだか、不思議な空間が生まれました。連休前から、連休中にかけて開催いたしますので、お近くをお通りの際は、是非足をお運びくださいませ!

f0018537_23422761.jpg雑誌などにも紹介していただくことができて、とても嬉しく思っています。


アサヒカメラには、302ページの写真展ガイドのカラーページで紹介いただきました。







f0018537_23435912.jpg
日本カメラでは308ページの写真展紹介ページの右上に掲載いただきました。

それから、26日(水曜日)の読売新聞の夕刊にも案内が載るとのことです。



本当に始まるんだなぁ~



【後日談】
読売夕刊は前日25日、火曜日に欄そのものが変更になっていたのだということでした。25日、火曜日の読売夕刊、シティライフの欄に写真つきで紹介いただいているのを確認いたしました。お騒がせしました。読売新聞のホームページにも載っていました。こちらです。
→ http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/citylife/event/photo.htm
(このページ、毎回更新されてしまうとしたら、今週5月2日には更新されてしまい、なくなってしまうかもしれませんねぇ~お早めに、ご覧くださいませ~!)


【追伸】
ルーニーのブログでご紹介いただきました。
こちらです→http://roonee.livedoor.biz/archives/50253189.html
[PR]
# by kaho_nomi_nomi | 2006-04-24 23:59 | お知らせ
フリージア
f0018537_16245131.jpg

久々の更新ですm(__)m。ところで、、、、手元が狂ってしまいまして、たぶん、気のせいでなければ、過去にアップした記事を数件消去してしまいました。コメントくださっていた皆様、本当、ごめんなさい。消えてしまって、悲しいです。それから、こちらのブログでは少々暗めの写真をアップしていこうかとがんばってみたのですが、、、どうやら、キャラではなかったらしくて(汗)、暗い写真が撮れなくなりまして(爆)、春の訪れとともに明るい写真に逆戻りです(笑)。んでは、表ブログとはどう違うのか?、、、まあぁったくですよね。まぁ、難しいことを考えるのは後にしまして、もう少々このまま続けようと思いますm(__)m。

(後日談)やはり、暗い写真を全部消してしまいました。コメントくださった皆様、本当、ごめんなさい。これに懲りずに新しい記事にまたコメントをいただけたら、と思いますm(__)m。
[PR]
# by kaho_nomi_nomi | 2006-03-26 16:25
須田塾合同修了展のお知らせです。
f0018537_234696.jpg
須田塾合同修了展「夢無き眠り」
2006.1.10(火)~1.15(日) 11:00~19:00(last:17:00) ギャラリー ル・デコ(5・6 階)
東京都渋谷区渋谷3-16-3 ルデコビル 地図
TEL.03-5485-5188

いわゆるグループ展のようなものだと思うのですが、総参加人数28名の中の一人として参加いたします。でもまぁ、なにせ、初参加なもので勝手が全然分からないのですが(汗)。ともかくも大きな会場2フロアー分の壁面にロール紙、全紙パネルなど、精一杯引き伸ばした力作が(汗)(汗)飾られる模様です。で、えぇぇと、私の作品はどんなもの?かと申しますと、たぶんきっとブログとかにはアップしたことのないものだろうなぁという気がしています。でも!全6枚中1枚は茶太郎が写っています。茶太郎、写真展デビューですねぇぇぇ~~~(嬉)
[PR]
# by kaho_nomi_nomi | 2005-12-11 22:12 | お知らせ